カテゴリー: 闇金相談ブログとは

ご相談についてのおねがい

昨今、それほど数は多くないのですが業者のなりすましと勘違いするようなご相談が確認されましたのでご相談に関するご説明をさせていただくページを設けました。
開設してから日数は経っておりませんが、数多くの被害者さんから常にお電話を頂くようになってまいりました。
ボランティア団体としてできるだけ多くの被害者、被害者見込みになってしまっている方々に一般的なアドバイスを行いたいと思っております。
親族の方や知人・友人の心情は察しますが本人ではない人物が本人の情報を開示するような問題ではないと考えておりますので何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

◆ご相談について
当サイトでは闇金問題を大変にデリケートな問題であると考えております。従いましてご本人様以外の相談についてはお控え願います。
また明らかに主旨が異なるようなご相談についても対応致しかねますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

例)ご相談をお断りするケース
・父親だが息子の銀行口座が凍結された。なにも悪い事はしていないと言っているので戦う方法を教えてほしい
→親族であろうとお金に関する問題は共有するべきではないと考えます。また、なにも無くて警察主導で銀行口座が凍結することなどあり得ません。

・知人がキャッシュカードを紛失したのだが銀行口座が凍結された。どうすればよいかアドバイスをもらいたい
→やはりご本人ではありませんのでご相談を頂いても回答する事はできません。またキャッシュカードを紛失しただけでは暗証番号がわかりませんので悪用される可能性は低いのです。

・携帯電話をだまし取られたと娘が言っている。事実であればどこに訴えをすればよいのか?
→親族であっても被害に遭われたご本人さん以外へのアドバイスは控えております。尚、訴えるのであれば弁護士事務所へご相談くださいとして回答ができません。

・そちらはどんな理由でサイトを運営しているのですか?
→サイトを閲覧していただければご理解いただけるかと存じます。尚、こうした質問をされる方の多くは探偵会社であったり闇金業者、その他当サイトの行動と関連性のある業種であることが大半であることも当サイトでは把握しております。

お断りするご相談:

勘違いをされてお電話してこられる方がいらっしゃいます。例えば銀行口座を買い取ってもらいたいとか融資先を紹介してもらいたいといったご相談は受け付けておりません。もう少しだけサイトをじっくりと読んでいただけると幸いです。

無料相談ダイヤルの不具合について

24日現在、当サイトの無料相談ダイヤルの不具合によりご相談受付ができず大変申し訳ございません。

「発信者番号通知をしておかけ直しください」

とガイダンスが流れておりますが186通知を行っても着信しない不具合となっております。現在、復旧作業を行っておりますのでご不便をおかけいたしますが今しばらく、お時間を頂けますようお願い申し上げます。

尚、復旧致しました後、改めて紙面上にてご報告いたします。

 
闇金相談ブログ

銀行口座凍結に関する相談について

銀行口座の凍結に関するご相談はじめました

今年に入ってから闇金被害問題の陰で問合せが多くなっていたご相談に銀行口座の凍結がありました。

昨年ごろから特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺や振り込め詐欺、闇金といった近代型の詐欺手口に関して警察、銀行、携帯会社各社が連動し包囲網を狭める動きが顕著になってきました。

こうした包囲網は特殊詐欺の撲滅には欠かせないと思われますし、効果は着実に実を結んでいると言えます。
しかしながらそこに弊害が生じ始めてきたのです。

・厳しくなる口座凍結の弊害

包囲網が厳しくなったため、闇取引による他人名義の銀行口座の売買価格がハネ上がり詐欺をするための必需品である他人名義の銀行口座にかかる経費がアップしたことにより闇金業者に自前で口座を用意するような傾向が出てきたのです。

これにより、
「融資を受ける条件として新規で口座を作りその情報を教えてください。口座の確認がとれたらすぐに振り込みをします。新規口座だから安心です。」

とか
「融資の担保として一時的に銀行のキャッシュカードを預からせて下さい」

といった銀行口座を不正に入手するような営業をする闇金が出てきたのです。不正に口座を入手した業者はその銀行口座を使って違法行為を繰り返します。
こうした背景から闇金被害の相談と併せて銀行口座がある日突然使えなくなってしまったという相談が増えてきたのです。

・口座は1つではなく1名義

被害相談でとても多い勘違いが分かってきたのでここでしっかりと告知したいと思います。
警察などから事件性があると判断され口座凍結された情報は事件の拡大を防ぐため各銀行機関へ通達されます。

通達されると各銀行機関は自らの内規と照らし合わせて必要とあればその名義人の銀行口座を凍結し被害の拡大を防ぎます。こうして問題になった該当口座以外にも最終的に保有しているすべての口座が凍結されることになります。

つまり、銀行口座というのは銀行単位では無く名義人1人に対して1つなのです。

闇金が、新規の口座だから安心です、などと持ちかけているのは全くのデタラメで根拠などありません。そして、一度口座凍結されてしまうと解除には大変な労力がかかるのです。

・新規口座が作れない

さらに問題になってくるのが一度、口座凍結をされてしまうとその名義人で新しく口座をつくるのが難しいという現実です。

これにも事例があるのでご紹介します。あるご相談者の方が銀行口座凍結をされてしまいました。口座凍結を行ったのは全く関係の無い都道府県のある警察署でした。被害届が入り事件性があるとして警察はご相談者さん名義の口座凍結手続きを取ったのです。
これによりまず問題になっている口座が止まりました。
そして日が経つにつれ次々と持っている口座が凍結してしまったのです。
自体が呑みこめず次々と銀行口座が凍結してしまったことに焦りを感じたご相談者さんは警察に無実であることを伝えました。事実、相談者さん自体に身に覚えのないところでおこった出来事であったため前後関係がハッキリし相談者さんに非が無いことが分かり警察からその旨報告が入り安心をしました。

ところが、

新しい銀行口座が作れないというのです。事実、現在まで新規口座は作れずその理由をなんど銀行に問合せしてもハッキリとした回答は得られません。
すでに給与の振込口座なども凍結されてしまっており生活に支障が生じ大変な問題へと発展してしまいました。

・既存口座を売らない・貸さない

結論からすると一度でも口座凍結をされた名義で新しく銀行口座をつくるのは現状では難しいと言うことになります。
大事なことは持っている口座の凍結を譲渡しない、貸与しないということになります。

当たり前のことですが銀行口座を売ったり、あげてしまうことはそれだけで罪になります。相手がそれを犯罪に利用すればその責任は口座名義人にも及ぶのです。

ここのところ銀行口座凍結に関する相談は受けてもらえないのか?という内容が多くなってきているためこの場を借りて回答致します。
当サイトでは銀行口座に関する相談はその問題が闇金業者による悪質トークなどに起因する可能性があるため否定は致しません。
突然、銀行口座を凍結されてしまい銀行などから連絡が入って状況が呑みこめていない方の無料相談利用は可能です。

どのような理由があれ口座譲渡、貸与は犯罪に該当する行為です。お話を伺っていて相談員が相談に悪意がある判断した場合その場で相談を打ち切ります。

2017年銀行口座に関するご相談を日々頂くようになったのですがどうやったら銀行口座を凍結しないように口座を売れるかなど主旨を勘違いしている方々が見受けられるようになりました。今後はそのような犯罪行為の裏をかくようなアドバイスを求める方については相談員がおかしいと判断した時点で電話を切らせていただきます。相談についてガイドラインを設けましたのでお電話される前に一度、ご確認をお願いいたします。

【重要】銀行口座凍結の相談について

新規口座の開設、落として悪用された口座凍結解除、闇金と関係が無いご相談についてはアドバイスをしておりません。

2016年も闇金問題を真摯に考えます

あけましておめでとうございます。挨拶がおくれてしまいましたが本日からまた、当サイトで得た情報などを被害相談者さんへアドバイスする業務をスタートいたしました。
本来であればもっと早くにこの記事を書きたかったのですが、午前中からひっきりなしに被害相談のお電話が鳴ってしまっており、いまやっと一息つけたところです。
闇金側の動きが例年よりも早いような気がしております。まだお正月休みのところが多く、日本全体ではお休みの方も多いと思われます。
こういう時は業者も一緒に休みを取っていたりするのですが今回は、一足早く動き始めているところがあります。
ご相談のお電話を伺っていると大きく5つのサイト名による被害が突出しています。

2016年も闇金問題は社会問題になってくると予想されますので一層、知り得た情報を早い段階で告知できるように邁進していくつもりです。

簡単ではありますが当サイトの所信表明までに

      闇金相談ブログブロジェクトより

闇金相談ブログの提供情報について

闇金相談ブログで掲載されている情報について

闇金相談ブログ(以下、当サイトと呼ぶ)に掲載されているあらゆる情報は当サイトに著作権があるもので許可なく勝手に使用することを禁じます。
アフィリエイト広告の収益をアップさせるためにウェブサイト手法の1つとして大量のコンテンツを保有し検索エンジンなどによる対策をを行っている、収益サイトを見かけます。
多くのサイトはそうではないと思っておりますが、一部の心無いサイトは他で集めた貴重な情報などを勝手に流用していることが確認できております。当サイトの情報には相談者から得た闇金が使っている電話番号や業者の手口などが含まれており、こうした詳細情報が闇金被害者を少なくすると言う目的のもと、ブログとして掲載を行っております。
当サイトの情報の使用を望まれる場合は、その旨ご連絡いただき、当サイトの許可を得た後に使用をお願いいたします。無許可での使用が発覚した際は著作物の無断使用ということで法的な措置を視野に入れた対策をとることもございます。
全ては闇金による被害者を少しも減らすために行っていることであり、他のサイト運営者の懐を潤わすものではありません。
サイト管理者様におかれましては何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2017年明らかに当サイトの情報、コンテンツを模倣したサイトが複数確認できております。現在、弁護士事務所と著作権について当サイトを模倣したとサイト管理者への対策について協議しております。法的な方針が出た段階でサイト運営者には告知致します。

3年目の運営に入り多くの閲覧者様から日々、闇金情報が寄せられております。不思議なもので情報には偏りがあり、広告を派手にしている闇金、新しい手口を実践している闇金ほど閲覧者様からの情報数は大きくなるのです。

現在、コメントへの寄稿と併せて電話による闇金情報の提供も増えております。文章の書き方やネットに残ることに抵抗がある方がお電話による情報提供でご協力していいただけており本当に助かっております。

どんなささいなことでも決して無駄にはなりません。お気づきになったことを私たちまで教えてください。

 

闇金業者の手口を教えてください。常に進化する業者の詐欺行為、電話番号、担当者名などを教えていただくことで被害を未然に防げる可能性が上がります。

闇金相談ブログ創設の発端

・闇金相談ブログとは?
このブログを立ち上げた主旨を下記する。

「闇金、闇金融業者の被害者に対してリスクマネジメント(危機管理)方法と解決までに必要な情報を提供する無料サイトである」

主旨を貫くために必要だと思われる人員を集め、今回のプロジェクトを立ち上げた。
プロジェクト名は「闇金相談プロジェクト」と呼称する。

 

・闇金相談ブログプロジェクトについて

闇金相談ブログを構成しているメンバーは、当サイトのコンセプト実行に必要と思われる分野の専門家である。

メンバーの1人は信用調査や企業実態などから企業価値を算出するのが主な仕事だが、今回この人物の発起提案が骨子となり「闇金相談ブログプロジェクト」に発展した。

当サイトの対象者は闇金サイトの被害者である。
当サイトが提供する情報は主に2つである。
1.寄せられた多くの被害相談をまとめ、告知すること
2.問題解決に対してどうアプローチすべきかというアドバイス
この2つの情報を提供するためには複数のメンバーが必要である。
ゆえに様々な分野のエキスパートが集まって1つのプロジェクトを構成している。

 

勘違いしていただきたくなのだが、これは個人情報の収集と言うことではない。
闇金問題はその性質上、被害者同士が連携して情報を共有するといった動きが起こりづらい問題である。
さらに、他人に知られたくないという性質が後述する業者と被害者間の知識量の差を生みだしている。

 

問題の性質上、正確な情報を収集、精査するには個人情報という形式で情報をを収集しないことが正解なのである。
したがって、闇金相談ブログにおいての情報収集とは個人情報の収集とは全く異なるものである。

 

このことは当サイトプロジェクトメンバーにおいても同様である。
当サイトでは対象としている業者が非合法且つ暴力性、悪質性をもつ危険な存在であると認識しており、運営に支障をきたす可能性およびメンバーへの安全性を考慮し我々自体の情報も非公開としている。
この点について、閲覧している皆様には寛大なるご理解を賜りたい。
また当サイトを利用するにあたり、当サイトが提供した情報が結果として、相談者、閲覧者に対して不利益に働いたとしてもそれは当サイトの責任の及ぶところではなく、責任の所在は闇金相談ブログには無いとすることを当サイトの利用規約としてご査収していただくものとする。

 

・プロジェクトスタートのきっかけ
プロジェクトメンバーの1人は言う。

「日本におけるネットの創世記を支えていたのはまぎれもなくアダルトサイトと金融サイトである。
特に、金融サイトは大手企業と違法金融が混在する異常な状態が長年にわたり続いていた。」

 

ネット環境の整備が整い、利用者がマナーを身につけてくると共に、ネット特有の秘匿性を逆手に取った悪質商法が取り沙汰されると、社会全体が問題に対して解決策を模索するようになる。
通常、社会は悪質商法を認めないという流れを選択するため、悪質ビジネスは縮小・淘汰されていくべきであるといった風潮が一般的となる。
それに合わせて法整備などが行われ悪質商法は消えてゆくのである。

しかしながら「闇金」においてはこの限りではない。
時期により被害の大小はあるにせよ完全に淘汰される気配は無く、進化した悪質手口が登場し続け、常に被害者を生み出している。

 

相談業務を担当するプロジェクトメンバーは言う。

「闇金ビジネスが横ばいを保っている理由の1つは悪質業者と被害者の間にある知識量のアンバランス性にある。」

さらに、

「悪質業者が心理的に嫌がるような手法を見つけると即座にマニュアル化し各闇金グループが共有することで業界全体に暴力感、恐怖感を漂わせる。このことが被害者を精神的に拘束せしめ、問題が表面化する大きな障壁となってしまっている。」

 

徹底して自分たちの個人情報を隠し悪質行為を繰り返すことも闇金問題が無くならない要因の1つである。

「トバシ」と呼ばれる携帯電話や、名義人が本人と異なる個人の銀行口座とキャッシュカード、さらには「デンワ屋」などと呼ばれる電話回線を転送、逆転送して居所を不明にする私設電話屋を用意すると、広告代理店にまともな業者であるかのように近づき、広告集客を依頼する。
これにより、被害者が発生しているのが今の闇金ビジネスの流れである。

ネット広告を土台とし被害見込み者を募り、万全の理論武装で営業活動に臨む闇金業者に対し、カウンターパートである相談者の被害者意識の低さ、対応能力の遅さがあまりにもアンバランスであることが闇金問題の被害が減らない原因であることは明白である。

当サイトが目指すところは闇金情報をいち早く更新、告知すること及び、闇金の被害者に対して必要と思われる情報提供による双方間のアンバランスの解消である。

 

1.自身の状況改善に必要な知識
2.置かれている環境の把握
3.具体的な方策指南

 

圧倒的な相談件数を細分化しデータ化することで、業者の傾向と対策を見極め、対策を練っていく。
そのための無料相談電話であり、闇金相談ブログなのである。

当初の方針を大幅に修正することなく運営も3年目に突入いたしました。多くの予期しない出来事に遭遇したこともありました。闇金業者が知識、理論武装で情弱な人を狡猾に騙すのであれば情強になれば被害者の数は減るのではないかという考えは今も変わりません。

業者がマニュアルで一定のレベルを構築するのであれば当サイトには情報を寄せていただける多くの皆さまいらっしゃいます。今後も闇金、詐欺は大きく変化を遂げると思います。しかし少しでも早くその手口を告知できれば詐欺被害と言うのは減っていくといえるのです。

闇金業者の手口を教えてください。常に進化する業者の詐欺行為、電話番号、担当者名などを教えていただくことで被害を未然に防げる可能性が上がります。


闇金相談ブログ