┃最終更新日:

闇金の無料相談を活用する

以下に記載する事務所は全て闇金問題に確かな対応策と精度の高い情報を持ち得ており相談者さんに対して心強い対応をしていただけると思います。
それぞれの事務所で対応が異なるため、複数の士業事務所の無料相談に電話し、ご自身に合う担当者さんと話を勧めるのが賢い活用方法です。

【無料相談ダイヤル一覧】

事務所名 Duel(デュエル)パートナー法律事務所
旧事務所名 Duel(デュエル)法律事務所
弁護士 正野嘉人
弁護士 大野弘明
所在地 東京都千代田区神田須田町1-2-7淡路町駅前ビル9階
電話番号 0120-243-040
登録番号 東京弁護士会 第19816号
登録番号 第一東京弁護士会所属 第32158号
詳 細 Duel(デュエル)パートナー法律事務所
備考 実害が発生していない場合の対応が得意な法律事務所です。相手から執拗に電話がかかっている方はお金を借りていなくても被害者です。被害救済ダイヤルまでお電話ください。


事務所名 ジャパンネット法務事務所
司法書士 小宮山博之
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル9F
電話番号 0120-293-017
登録番号 東京司法書士会1392号
詳 細 ジャパンネット法務事務所
備考 銀行口座凍結に関する相談も受け付けております。

但し銀行口座売買や紛失時に届出をだしていない方の相談は受けられません。ご相談される前にガイドラインを一読願います。ご相談ガイドライン


事務所名 アストレックス司法書士事務所
司法書士 川﨑純一
所在地 大阪市北区西天満六丁目4-13 グランビルド荒木501号
電話番号 0120-749-034
登録番号 大阪司法書士会 第4687号
専用公式 アストレックス司法書士事務所


事務所名 ウイズユー司法書士事務所
司法書士 奥野正智
所在地 大阪市北区東天満1-11-15 若杉グランドビル別館2F
電話番号 0120-629-022
登録番号 大阪司法書士会第2667号
詳 細 ウイズユー司法書士事務所
専用公式 ヤミ金専用相談サイト
備考 キャッシュカードを送ってしまった直後の方のご相談は可能ですが口座凍結後の対応は行っておりません

ご相談される前にガイドラインを一読願います。ご相談ガイドライン


事務所名 ウォーリア法務事務所
司法書士 坪山正義
所在地 大阪市北区西天満4丁目10番4 新光西天満法曹ビル701号室
電話番号 0120-308-043
登録番号 大阪司法書士会会員 第3831号
登録番号 簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第1012073号
詳 細 ウォーリア法務事務所


事務所名 ブライテスト弁護士法人
司法書士 渡辺征二郎
所在地 東京都港区東麻布3丁目7番3号 東麻布久永ビル二階
電話番号 0120-546-411
登録番号 第一東京弁護士会所属 第16876号
専用公式 ブライテスト弁護士法人公式
備考 闇金に銀行口座をだまし取られたなどのご相談も受け付けております。ただし、自発的に口座を売ってしまった方の相談は不可といたします。

ご相談される前にガイドラインを一読願います。ご相談ガイドライン


事務所名 クレアティオ法律事務所
弁護士 多田浩章
所在地 東京都千代田区麹町4-3-3 新麹町ビル4F
登録番号 第二東京弁護士会所属
詳 細 クレアティオ法律事務所


事務所名 弁護士法人サルート法律事務所
弁護士 水野正晴
所在地 東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧名:日南貿易ビル)6階
電話番号 0120-438-015
登録番号 東京弁護士会 第15165号
詳 細 弁護士法人サルート法律事務所


現代型の闇金は仕組みも複雑になってきており一筋縄ではいかなくなってきております。昔のようにドア越しにドアを叩いて近隣住民にアピールしたり、会社まで派手なスーツを着ておし寄せるようなことはしません。代わりに電話とメールを使って自らのリスクを最低限にし声と話法で脅しをかけてきます。
何度も会社に電話するだけではなく複数人で一斉に被害者の勤務先に電話して回線をパンクさせることもあれば、電話を受けた第三者に対して罵詈雑言でなじり女性なら泣きだすまで怒鳴りつけるなどして被害者が勤務先にいられなくするようなありとあらゆる嫌がらせをやってきます。
寄せられる被害相談では会社から退職勧告を出されてしまったケースも決して少なくないのです。

さらに、白ロム詐欺や携帯電話転売詐欺と呼ばれる闇金手口では被害者が加害者になってしまったり、犯罪のほう助に問われるような自体が発生することもあります。
事実、自分名義の携帯電話が転売され犯罪組織で使われた結果、警察から捜査対象として事情聴取をうけたという相談も寄せられているのです。

闇金はどこで警察が出てくるかをよく知っています。警察が被害届を受理しにくいことを知った上で嫌がらせを継続してくるため終わりのない絶望感に襲われる環境を意図的に作り出してきます。

このような理由から、被害者を救済する上で法律事務所の力を借りることに大きな注目が集まっております。
しかしながら闇金問題の取り扱いが無い士業事務所に相談をしても話が平行線をたどってしまったり、闇金と聞いただけで相談を終了されてしまうケースも多くなってきております。
そこで当サイトでは現代闇金の手口を熟知し対応できるだけのノウハウを持っている士業事務所で、無料相談窓口を設けている事務所の洗い出しに取り掛かりました。
交渉事ですから弁護士が適任であるとの解釈を持っていたのですが、情報収集していくと闇金問題に関して言えば認定司法書士でも同様のサービスクオリティを持ち得ている事務所の存在が明らかになりました。
業種で判断するのではなく、闇金問題を解決する最短ルートという考え方で情報をまとめました。

  1. 助けて下さい より:

    融資を受けるのに携帯の新契約をさせられて相手が指示する所に携帯を送ってしまったのですがショップには騙された事を伝えた方がいいですか?

    • 闇金相談ブログ員 より:

      助けて下さいさん>闇金相談ブログ員です。ご投稿について回答致します。結論からするとショップに伝えるか否かは法律事務所の判断を仰いでからの方が良いです。その理由をこれから下記します。
      携帯電話の買取詐欺で一番厄介なことは被害者である名義人の被害がどこで発生しているかなのです。今回のケースでは闇金に電話を渡してし遭っておりますので2つの被害が相談者に降りかかる可能性があります。
      1.携帯電話会社と名義人である相談者さんの間で交わされた契約に違反している
      →契約違反から悪質であるととらえられた場合、警察に被害届が入ると相談者さんは捜査対象者になってしまいます。購入者が自身で闇金に携帯電話を送っている背景から警察も携帯会社も本人主張はあまり積極的に聞いてもらえません。

      2.闇金が名義人の携帯電話を転売した先が犯罪グループだった場合、そこに被害者が発生する
      →闇金業者は端末を転売することで利益を上げています。その際、高値で買い取る業者が犯罪グループだとするとその電話を使って被害者が発生します。その被害者が警察に被害届を提出し受理されると、警察は詐欺事件としてまず携帯電話の名義人について調べることになってきます。この際、騙されたとはいえ自身で電話を送っている事実があるため過失責任を問われる可能性があります。

      以上のことからご自身のおかれている状況を法的に対応できる対策を立てなければ危険であると考えられます。ヤミ金被害を取り扱う法律事務所は大抵無料相談ダイヤルを設けておりますので何社かかけてみて対応策を聞いてから行動に移すというのが好ましいと当サイトでは考えます。無料相談でショップに対しての対応等を相談されるとよろしいかと存じます。

  2. 転職 より:

    相談があります。今から四年前程前に闇金に騙され銀行の口座を担保として取られてしまいました。もちろんその後、その口座は凍結されてしまい他行の銀行も連鎖的に凍結されています。何故か唯一、一つの銀行だけがそのまま使える状態で今まで使っています。この度転職して経費精算の為に会社定める指定の銀行の新規口座が必要となり開設できずに非常に困っております。どうやっても口座の開設は無理なのですか?

    • 闇金相談ブログ員 より:

      転職さん>闇金相談ブログ員です。当サイトに相談をいただいた方の内容の範囲での回答となりますので実際の銀行の対応は異なるかもしれないという点を踏まえて読んでください。
      どのような理由があるにせよ他人が使える状態で銀行口座を渡した時点で厳しい本人過失を問われてしまいます。お金に関する問題、とくに犯罪行為で刑事事件に発展するような問題の一端を作った以上、警察や銀行は被害者とは考えていないのかもしれません。
      そのような事情から過去に口座に関して問題を起こした人物に対して銀行も寛容ではありません。当サイトで聞いている限りの話ですが、新しく銀行口座を開設できた人物はいません。
      ただし、法律事務所が介入したりすることで銀行と交渉することで事態が変わる可能性については否定できないかもしれません。
      ご本人がいくら主張しても当事者である以上、銀行はまともに話すら聞いてくれません。
      法律事務所にご相談してみてはいかがでしょうか。

  3. *宮*治 より:

    私もカード詐欺に合い名古屋東警察署から凍結をされました。凍結した銀行口座は、解約したのですが意味ないでしょうか?警察署の方は、凍結の解除出来ない。と言われました!

    • 闇金相談ブロジェクト より:

      解約する行為は大切ですがそのタイミングが問題になります。すでに悪用されて警察主導による口座凍結依頼であればその口座は犯罪に使われた可能性が指摘されますので解約しても状況が好転することはありません。警察が凍結解除はできないというのは犯罪捜査にかかわる問題であるからだと思われます。
      口座を他人に渡した時点でその名義人には一定の責務が発生します。警察も銀行も「しらかなった」で通じる問題ではないと判断してくるため大変に厳しい現実が待っているといえます。しかし、詐欺師に渡さなかった銀行口座が凍結された場合には異議申し立てができます。
      自身で異議申し立ても可能ですが効果的ではありませんので弁護士などを介入させて関連口座の凍結解除を行うことで口座が持てなくなる状況を回避します。

  4. 関西在住のお助けマン より:

    結論、報告開設方法はあります。私もそれを考えて行動した結果、今は大切な者が復活しました。

    私自身も、過去に皆さんと同じような事で困り果てた時期がありました。しかし、世間は自らの保守しか考えていないので、事実しか見ず知らんふりです。これらの事案は相当な問題であると同時に国も考えないといけない所です。
    しょーもないことを国会でグダグダと話してる年寄りは気持ち悪いエリート?だから、何も見えないし、見ようとしないのです。クソがっ。

    手助けはできる限りします。

  5. ちぃちゃん より:

    融資をお願いしたら、口座担保なら融資ができますと言われ、通帳とキャッシュカードを送ってしまいました。翌日に停止願いを出しに行きました。その翌日にトラストクレジットの担当の山本の上司と言う人から残高が幾らあるか調べようも思ったら、キャッシュカードが使えなくなってると言われたのですが…停止にして正解だったのでしょうか?詐欺に使おうとしているから残高を調べたのでしょうか?教えてください。通帳とキャッシュカードは二度と返ってこないのでしょうか?

    • 闇金相談ブログ員 より:

      口座を停止したのは正解です。口座を担保にした融資など存在しません。だまし取った口座は犯罪組織に転売されオレオレ詐欺やヤミ金の集金口座、出会い系サイトの集金用口座として利用され早ければ1週間で警察による口座停止措置が入ります。その後は犯罪者が集金用に使った疑いのある口座としてその名義人が預金保険機構にスコアされることになります。
      そうなるとその名義人の方の口座が全て停止することになりかねません。
      相手から通帳とキャッシュカードをが戻ることはありませんので直ぐに解約手続きをするなりしてその口座が悪用される可能性を排除してください。
      同時に警察に相談するなどして相手に警察が介入した事を示唆させるのもよいと思います。
      高度に法律的な問題も出てきますので口座凍結問題については弁護士事務所等の銀行口座被害相談の無料電話等で今後の対応を訊いておくとよいでしょう。当サイトでも無料相談一覧表に銀行口座凍結関連の相談を受けている事務所をのせていますので参考としてみてみてください


闇金相談ブログ